初参戦でJJUG CCCを楽しむマイ心構え'17秋

来たる11月18日(土)、JJUG CCCに初参戦します。
とはいえ知り合いはほぼいないし、このままでは行って帰るだけになる可能性が大。楽しむための戦略を徹底的に練っておく!

背景

普段使っているJavaのこと全然知らないなと思ったのがきっかけ。

JJUG(日本Javaユーザーグループ、ジェイジャグと読むらしい)の存在を調べ、DoorKeeperに登録しておくと早速イベントの通知が。
JJUG CCC 2017 Fall ボランティアスタッフ募集のお知らせ | 日本Javaユーザーグループ

知り合いゼロでいきなり行っても楽しめる自信がないので、ボランティア登録してみた。
これはほんと正解で、ベテランボランティア勢の皆さんから事前に楽しみ方を教えてもらうことに成功した!

楽しむポイント

ずばり、懇親会で話したい人をマークしておく
ベテラン勢曰く、技術系カンファレンスは懇親会を楽しむもの。そうであれば、仲良くならないのは損である!

という訳で仲良くなりたい人リストを作ってみた。

お世話になってます枠

twitter.com 研修中は毎日読んでた「スッキリわかるJava入門」の著者さん!IBMのグループ会社で働いていたっぽい(間違ってたら申し訳ない)

セッション聞きました枠

さわらは以下のセッションに参戦予定なので、そのスピーカーさんと話してみたい!(なお午前中はボランティア) - サーバサイドKotlin - ゴールドマン・サックスにおけるCamundaを用いたビジネスプロセスの可視化とワークフローの自動化 - オレオレJVM言語を作ってみる - Spring BootとKafkaでCQRSを動かしてみる

名前は聞くKotlin、実際どんな文法でどんな利点があるのか全然知らない。Camundaというのは業務フロー図を描くのに便利らしい・・・それJavaとどう関係するんですか?
JVM言語を作るってのは、そもそも言語を自分で作るのが面白そうで参加!CQRSっていうのは新しいアーキテクチャーらしい。理解したら先輩に自慢しよう。

親近感覚えます枠

twitter.com IBMのWebSphereの担当者さん!普段使っている製品だけに一言お話ししてみたい。

twitter.com 社会人1年目で登壇されるみたい!すごいなあ・・・

なお春の懇親会はお寿司🍣が出たらしい。秋も期待していいのかな?