npmとかyarnとかとの戦い、3日目にして終結

react-nativeのアプリにライブラリ追加したらsimulatorがレッドスクリーンになった。

f:id:hiroga_cc:20170613062813p:plain

 

どうも依存性とかいうのが悪いらしい、
npmとかyarnとかわからないことが多すぎるのでここで棚卸ししたい。


初日(2017-06-11)
react-nativeのプロジェクトとreact-native自体のバージョンが違ってると出るらしいエラー発生。
困ったら次の通りやればいいって知見を得た(それで解決するわけではない)

rm -rf node_modules
npm cache clean --force
npm install

 

コマンド&オプション
listとversionsとかの違いが未だに覚えられない
依存性でつまづいてる時はnpm listでエラーが出るっぽい

このころは--saveがよく分からなかった。
っていうか-gは未だによく分かってない。grobalに入れてくれるの?なんか依存性とか大変そう...
npm iがinstallの略らしいということに気がつき、node文化は省略が多い気がする


2日目(2017-06-12)
知人のreact使いに --saveすると packageに入るってことを教えてもらった
俺も仕事で使いたいよーreactとかそういうの

パッケージの追加インストールが依存性をぐちゃっとしたらしい仮説に気がついたのが2日目
yarn.lockとpackage.jsonとpackage-lock.jsonの違いが分からん
後yarn add (ライブラリ名)とnpm install (パッケージ名)の違いもわからん
yarnの方がクールということは分かった。俺は雰囲気でnode.jsをやっている...

 

コマンド&オプション
npm install --save react-native@latest を
npm install --save react-native latest にして
latestという名前のライブラリがインストールされた笑

友達のインフラエンジニアが言ってた、環境周りは手打ちをするなと...可能な限りコピペするのだと...

create-react-native-appとreact-native initの2種類があることも知った
前者の方がイケてるらしい

 

3日目(2017-06-13)
stackoverflowで優しい人が教えてくれた...
https://stackoverflow.com/questions/44489330/undefined-is-not-an-objectecaluating-reactinternals-reactcurrentowner/44503337#44503337
しかもすでに見たはずのgithubのissueにあったやつ
ちょっとマヌケじゃないか自分...