AWS CLI v2のマイナーな互換性チェック(whoami, aws-session-manager-plugin)

AWS CLI v2がGAされました!わーい!

f:id:hiroga_cc:20200213091056p:plain

チームメンバーにPythonのバージョンを気にしながらインストールしてもらう日々が終わってとっても嬉しいです。

メインの機能を試すのはクラスメソッドさんにお任せして、業務レベルのマイナー互換性を確認していきます。

(ちなみに公式の移行ガイドはこちら)

インストール

公式ドキュメントに沿ってインストール。日本語版ドキュメントにGAが反映されてないけどご愛嬌。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/cli/latest/userguide/install-cliv2-linux-mac.html

awscli v1は brew uninstall awscli しました。

whoami

全然いけますね。エイリアスの互換性は一安心。

f:id:hiroga_cc:20200213091848p:plain

aws-session-manager-plugin

これも試しましたが、問題なくセッションマネージャーの機能でSSHできました。

感想

基本的な互換性があることを確認できて一安心です。

個人的には、サードパーティーのツールがSSOに対応するのが今後大変そうだな...と心配してしまいました。
aws-vaultawslogs はなければ業務が詰むレベルで常用しているので、廃れずにアップデートが進むように応援していきたいところです。