AWS ソリューションアーキテクト試験に遅刻した話

AWS 試験 遅刻」 「AWS 試験会場 間違えた」
これで検索された方、試験開始後15分までならまだ受験できます。もし間に合うなら急いでください!
受験のために15000円(+税)/プロフェッショナルなら30000円(+税)を払っているはずです。タクシー15分なら2000円以内ですから安い安い!

ここからは、私のように試験会場を間違えた人・間違えそうな人のための、ハマりどころ回避策になります。

1. 試験3日前のメールを見逃さない。

f:id:hiroga_cc:20181210113859p:plain

AWSの試験では、日時会場の変更が有料になる試験開始48時間前の1日前にメールを送ってくれます。 ここに書いてある受験情報がFix版です。会場までのアクセス方法もあるので読みましょう。

2. 逆に、申し込み時点のメールを目に届く場所に置かない

f:id:hiroga_cc:20181210113953p:plain

AWSの資格試験はいつでも日時場所が変更可能です。仕事のスケジュールに合わせて、私は受験まで3度ほど日時・場所を変更しました。この時、Googleカレンダーに登録した試験会場を変更しなかったのが仇になりました。
変更を含む申し込み時点のメールは、メーラーによってはスレッド形式で表示されます。となると、変更前の日時場所の方が目に入ることもありえます。

試験3日前を過ぎたら申し込み時点のメールはピン留めを外す・既読するなどして、確認メールを信頼するようにしましょう。

以上、こんなミスをするのは自分くらいかもしれませんが、これ以上悲しい思いをする人が出ませんように...。