.vimrcの更新をgit add → commit → push でGistに反映する

あけましておめでとうございます。良い年になりますよう。

.vimrcをGistに公開しています。毎度コピペで更新するのが面倒なので、GitHubみたく更新できるようにします。

やり方

  1. Gistに.vimrcを公開(今回は済)
  2. Gistをローカルにclone
  3. vimの起動時にcloneした.vimrcを参照
  4. .vimrcを更新してadd → commit → push

やってみた

1.Gistに.vimrcを公開します(今回は済)

こちらをどうぞ。
さわらの.vimrc · GitHub

2. Gistをローカルにcloneします

Gistのページからcloneするアドレスを取得して... f:id:hiroga_cc:20180101071318p:plain

シェルでcloneします。

$ cd ~
$ git clone https://gist.github.com/1e7ae56f94ea301e9b585663d275ccc4.git vimrc

3. vimの起動時にcloneした.vimrcを参照させます

$ vi ~/.bash_profile

# alias vi='vim -u ~/vimrc/.vimrc -N’ などcloneした.vimrcファイルを指定

$ source ~/.bash_profile

※ -Nオプションを忘れるとvi互換モードで起動して面倒なことになります。

4. .vimrcを更新してadd → commit → pushします

$ git remote
origin 
$ git add .vimrc
$ git commit
$ git push origin master

やってみて

デフォルトの.vimrcをできれば直接反映させたかったので、新たにフォルダを作ってしまったのが残念。 もっといいやり方あればぜひ下さい。