ARstudioやってみた&ハマりどころ(ソースもあるよ👻)

Facebook AR studioがめっちゃ楽しい。
超簡単にカメラエフェクトが自作できる。

f:id:hiroga_cc:20171115230527p:plain
この涙が顔の動きについてくる。

作ってみたので試してみてください😊
Napstablookのカメラエフェクト
最後にソースもあるよ。

ハマりどころと個人的な対策

※ 2017年11月現在、ARstudioはベータ版で一般公開されていません。この記事は公開後に読まれるのを想定しています。
※ 執筆時点のバグは修正されている可能性があります。

  1. AR studioを保存すると、ファイル形式が.arproj になることがある。 → ファイル形式を.fbfxprojに無理やり書き換えてしまって問題なさそう。(自己責任で。バックアップ取ってね)

  2. オブジェクトが表示されない。
    → Scene内のオブジェクトは、レイヤーが下の層ほど手前に表示される。PhotoShopなどとは逆なので注意。

  3. オブジェクトのプロパティが編集できない。
    → Scriptが動きっぱなしになっていないか確認する。

  4. オブジェクトをコピーしたら表示されなくなった。
    → レイヤーの設定がバグっていないか確認する。

  5. スクリプトの変更が反映されない。
    スクリプト開きっぱなしでプロジェクトを再起動してませんか?プロジェクト内のscript.jsを開き直してください。

  6. Scene.root.child('hoge')がうまく機能しない。
    → とりあえずchild('hoge')の代わりにfind('hoge')を使っておくのが無難。

  7. 画面をタップできない。
    → PC上でのタップは、以下を設定した上でCmd+タップ。 f:id:hiroga_cc:20171113231957p:plain

  8. リファレンスどこだっけ?
    → ここです。
    Camera Effects Platform - ドキュメンテーション - 開発者向けFacebook

  9. 自分がFacebookにアップしたエフェクト、どこで確認できるんだっけ?
    → ここです。
    https://www.facebook.com/fbcameraeffects/manage/

ソース

GitHub - hiroga-cc/napsta: become Napstablook by Facebook camera effect

script for Napstablook camera effect · GitHub