WASのディレクトリ構成

現場で学んだことの棚卸し。

背景

WAS(WebSphere Application Server)を使っていると、トラブルが起きた時にディレクトリ構成の知識が必要になってくる。
せっかくどのディレクトリにどんな役割があるか少し知ったので、自分の言葉で整理する。
いずれもWindowsが前提。

ディレクトリ構成

RAD(Rational Application Developper)のインストール・ディレクトリー以下、
runtimes¥base_v7¥profiles¥{プロファイル名} を参照。*WAS7の場合

bin

startServer.bat, stopServer.batがある。普段はRADから直接起動しているが、WASはコマンドラインから起動できる。
メモリが少ないマシンで開発していると、eclipseを立ち上げずにサーバーを起動したい局面で重宝しそう(ほんとに2017年かよ...)

config

サーバーの設定ファイルがあり、管理コンソールの設定内容が反映されている。
config¥cells¥{cell名}¥nodes¥{node名}¥servers¥{アプリケーションサーバー名}/server.xml

Tomcatの場合はconf直下にある。
{tomcat}¥conf¥server.xml

installedApps

サーバーをサーバー上のリソースで実行している場合、ワークスペースからコピーしたクラスファイルが配置されるフォルダ。
Tomcatの{tomcat}¥webapps に当たると思われる。
ソースの修正がどうしても反映されない時に、クラスファイルを強引に置き換えて直したい時などに使う(そんなことあるのか)

logs

サーバー起動時のログがある。ここを確認してOutOfMemoryだったら、JVMのヒープサイズを大きくする(その前に、同時に起動しているプロセスを減らす)
logs¥{アプリケーションサーバー名}以下、server.log など。

temp

JSPのクラスファイルがある。サーバーを再起動し、かつブラウザをスーパーリロード(キャッシュを無視した再読み込み)してもJSPファイルの変更が反映されない場合、このフォルダの対応するクラスファイルを削除するとよい。
Tomcatの場合、{tomcat}¥workにある。