サンノゼ休暇5日目

ちょまどさんがシアトルにいるらしい。シアトルといえばサンフランシスコと同じく西海岸だが、距離は東京-稚内間くらいある(1400kmくらい)

いずれ目の前に立って対等な立場でお話ししたいとか思っている。

 

今日は実質の最終日で、サンフランシスコはNoisebridge(ノイズブリッジ)でコーディングをしていた。寄付金で成り立つコワーキングスペースだけど、雰囲気はワークショップと言ったほうが正しいと思う。

ハッカー文化丸出しで最高にクールだった。

 

f:id:hiroga_cc:20170506152818j:plain

部屋の入り口からして最高。

 

f:id:hiroga_cc:20170506153249j:plain

寄付金で運営されている。立ち寄ったらちゃんとdonateしような

 

f:id:hiroga_cc:20170506152822j:plain

奥にはおなじみオライリーの動物本も。

  

f:id:hiroga_cc:20170506153253j:plain

ガラス瓶で出来てる。

 

f:id:hiroga_cc:20170506153245j:plain

ハードオフみたいだ。

 

f:id:hiroga_cc:20170506153242j:plain

生物の実験もできるらしい。

 

ビル自体の入り口の場所がわかりづらい上、チャイムを押しても中の人が面倒がって出てくれないこともある。

新人には常連がツアーするのが慣例らしく、僕が昼に入ってから夕方に出て行くまで新人が3組来て案内を受けていた。うち本当にコーディングしに来たのは1組で、2組は観光客だった。

 

Do-ocracyというのがここの精神らしく、要はいちいち許可を求めないで手を動かせということらしい。素敵かよ...。

観光施設じゃないから万人受けはしないと思うけど、エンジニアならオススメ。

 

ちなみにコーディングはthreejsをいじっていた。フロントで立体モノをささっと作りたいと思っている。